« 論文ⅳ | トップページ | 学界回顧ⅱ »

2006年10月23日 (月)

論文ⅴ

論文ⅴ 「寄進状の効力-鎌倉期御家人寄進状における担保文言の検出と分類-」 『年報三田中世史研究』第13号(2006年10月)
※『年報三田中世史研究』第13号(2006年10月)に、拙稿が掲載されました。
法制史学会第58回総会(於慶應義塾大学、2006年4月23日)における研究報告「中世寄進状の機能とその効力-「仏陀施入之地不可悔返」の再検討を中心に」の一節をまとめ直したもので、拙稿「鎌倉幕府の寄進安堵について」の内容を、視点を変えて補強するものと位置付けております。
なお、本稿の作成にあたり、慶應義塾大の桃崎有一郎氏には様々なご教示・ご指摘を賜りました。厚く御礼申し上げます。



|

« 論文ⅳ | トップページ | 学界回顧ⅱ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論文ⅴ:

« 論文ⅳ | トップページ | 学界回顧ⅱ »