2007年1月29日 (月)

その他ⅳ~ⅹⅹⅶ

その他ⅳ~ⅹⅹⅶ 「歴史を歩く」第1回~第12回・「歴史の中の法律語」第1回~第12回 『法務史料展示室だより 時をたずねて』第1号~第12号(2004年4月~2007年1月)

※法務省大臣官房司法法制部発行の『法務史料展示室だより 時をたずねて』第12号(2007年1月1日発行)に、「歴史を歩く第12回熊谷寺」、「歴史の中の法律語第12回花押」を執筆しました。
『法務史料展示室だより』は法務省各関係機関で無料配布されている刊行物です。2004年4月の第1号以来、「歴史を歩く」「歴史の中の法律語」の二記事を執筆しています。

※過去の「歴史を歩く」タイトル一覧
第1回紀尾井坂
第2回鹿鳴館
第3回大審院
第4回浅野内匠頭上屋敷跡
第5回東慶寺
第6回稲村ケ崎
第7回南町奉行所
第8回新選組供養塔と永倉新八墓
第9回築地居留地
第10回明暦の大火横死者等供養塔
第11回影隠地蔵

※過去の「歴史の中の法律語」タイトル一覧
第1回明法家
第2回一所懸命
第3回沽券にかかわる
第4回刑部省
第5回三行半
第6回道理
第7回安堵
第8回合点
第9回成敗
第10回訴状
第11回起請文

| | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

学界回顧ⅱ

学界回顧ⅱ 「学界回顧 日本法制史」(共著) 『法律時報』第977号(2006年12月)

※日本評論社が発行する『法律時報』第977号の特集「2006年学界回顧」において、日本法制史の中世に関する部分を執筆しました。
本稿では、吉田賢司「室町幕府の軍事親裁制度-義政期を中心に」(『史学雑誌』115-4)、菅原正子「中世後期における相続と家族法」(『日本歴史』697)、西村安博「鎌倉幕府の裁判における和与と仲人について-和与の成立手続過程に関する理解のために-」(『同志社法学』314)等、2005年から2006年にかけて発表された中世法制史関係の著書・論文を紹介しました。
また、近年の研究の細分化とそれによる学界の閉塞感を課題として挙げ、『日本歴史』700号における特集「日本史の論点・争点」の中で示された新田一郎「統治権的支配」を、今後の中世法史研究の方向性を示す貴重な提案であると位置付けています。

| | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

論文ⅴ

論文ⅴ 「寄進状の効力-鎌倉期御家人寄進状における担保文言の検出と分類-」 『年報三田中世史研究』第13号(2006年10月)
※『年報三田中世史研究』第13号(2006年10月)に、拙稿が掲載されました。
法制史学会第58回総会(於慶應義塾大学、2006年4月23日)における研究報告「中世寄進状の機能とその効力-「仏陀施入之地不可悔返」の再検討を中心に」の一節をまとめ直したもので、拙稿「鎌倉幕府の寄進安堵について」の内容を、視点を変えて補強するものと位置付けております。
なお、本稿の作成にあたり、慶應義塾大の桃崎有一郎氏には様々なご教示・ご指摘を賜りました。厚く御礼申し上げます。



| | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

論文ⅳ

論文
ⅳ 「鎌倉幕府の寄進安堵について」 『古文書研究』第62号(2006年9月号)
※『古文書研究』第62号に拙稿が掲載されました。慶應義塾大学法学研究科第33回合同論文指導研究発表会及び法制史学会東京部会第202回例会における報告をもとにしたものです。また、同号の「日本古文書学会第三十八回学術大会要旨」に、「足利尊氏寄進状について-日下署判と奥下署判-」の要旨が掲載されています。

| | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

社会活動ⅱ

社会活動
ⅱ 武蔵野学院大学・武蔵野短期大学コラボレーション講座「法制度っておもしろい」(2006年7月15日)
※武蔵野学院大学・武蔵野短期大学では、埼玉県が推進する「彩の国アカデミー」をバックアップして、地域の高校生を対象とした公開講座(コラボレーション講座)を開講しています。
今回の講座では、法学を学ぶ意義の提示や判例クイズを行った後、律令・鎌倉幕府追加法を題材に、過去の社会の法文化・現代につらなる法意識について言及しました。

|

2006年7月 1日 (土)

その他 ⅳ

その他
ⅳ 「赤れんが棟を歩く」(共著) 『ふぉーらむ』第3号(2006年7月1日)
※図書館サポートフォーラムが刊行する文集『ふぉーらむ』第3号に、『刑政』116巻9~11号に掲載された拙稿「赤れんが棟を歩く」①~③が転載されました。

|

2006年6月23日 (金)

現在までの業績一覧

2006年6月23日までの業績一覧を公開しました。

論文
ⅰ 「足利尊氏寄進状の基礎的考察」 慶應義塾大学大学院法学研究科『法学政治学論究』第54号(2002年9月15日)

ⅱ 「関東寄進状について」 慶應義塾大学大学院法学研究科『法学政治学論究』第58号(2003年9月15日)

ⅲ 「岩清水地域における史料残存状況とその整理」 漆原徹他共著『長野県上田市大字殿城字岩清水地域の総合歴史調査課題番号15520421 平成15年度~平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書』(2005年3月31日)

大会報告・部会報告
ⅰ 「鎌倉幕府の寄進安堵に関する一考察」 法制史学会東京部会第202回例会 於明治大学(2004年11月13日)

ⅱ 「熊谷家文書の再検討」 法制史学会東京部会第204回例会 於明治大学(2005年5月21日)

ⅲ 「足利尊氏寄進状について-日下署判と奥下署判-」 第38回日本古文書学会大会 於京都産業大学(2005年10月30日)

ⅳ 「中世寄進状の機能とその効力-「仏陀施入之地不可悔返」の再検討を中心に」 法制史学会第58回総会 於慶應義塾大学(2006年4月23日)

学界回顧
ⅰ 「学界回顧 日本法制史」(共著) 『法律時報』第964号(2005年12月)

書評
ⅰ 「吉田俊右「前期室町幕府の下文と安堵」『日本史研究』503号」 『法制史研究』第55号(2006年4月)

その他
ⅰ 「赤れんが棟を歩く ①」(共著) 『刑政』第116巻9号(2005年9月)

ⅱ 「赤れんが棟を歩く ②」(共著) 『刑政』第116巻10号(2005年10月)

ⅲ 「赤れんが棟を歩く ③」(共著) 『刑政』第116巻11号(2005年11月)

社会活動
ⅰ 法務省 壮大なロマン・赤レンガ棟を歩く(休日一般公開) 赤レンガ棟ツアー(2006年6月10日)

|